「精子投票~見せしめの目安箱~」

「精子投票~見せしめの目安箱~」のあらすじ

■-story-山奥にある大きな学園「権学園(けんがくえん)」理事長は財力を持ったこの土地の権力者で、不祥事や経済的な問題で廃校の危機にある学校と次々に併合して学園を大きくしていった。目的は、女生徒の獲得。「精子投票」と呼ばれる公然輪姦の行事を、学園を舞台にして行うことだった。■「精子投票」とは・・・生意気な女子生徒を懲戒し、男子生徒に優越感を体験させる学園行事。「目安箱」に推薦したい候補者の名前を書いて、全女生徒から3人選出。選挙本番では3日間、彼女たちと性行為をすることが許され、膣内に射精することを投票とみなす。一番多くの精液を集めたものを「当選」とする。「当選」した女性がどうなってしまうかは理事長だけが知っている。過去、「当選」した女生徒達はその後行方をくらませている。今年は有名な女学園と合併した直後に開かれ、372人の女子の中から女学園出身の中でも目立って生意気だった、一宮杏里、坊城萌子、世良明の3人が選ばれた。■アニメーション3篇収録

 

 

今月のおすすめ同人

EXCITING REFLEXOLOGY

 

ギャル系女子とおっさんの性交に定評のある作者の新刊

遊園地デートから始まりギャルとおっさんの距離を縮めつつ、体調を崩したギャルのため休憩にホテルに入りそのまま行為に至る

ことに至る流れが強引で女の子もか弱い抵抗を示すものの、キスされただけで簡単に抵抗する様子をなくし甘い空気を漂わせる。

 

「精子投票~見せしめの目安箱~」にもどる

 

その後も口では抵抗するものの拒絶することもなく行為を受け入れていくので無理矢理感はすぐに無くなるし、事後も避妊してないことを怒っても行為そのものを否定してないのでレイプ感はかなり弱くそのへんが苦手な人にもオススメできる作品

 

快楽に溺れていく女の子の様子がかなり可愛いのだが、そのへんの描写をもっと多めにしてくれればもっと評価が上がる作品だと思うのでこの話の続編をかなり期待したく思う。

→ 続きをみる

 

千夏と熊ちゃん先生

読者の口コミ

水泳部のエースとして活躍している宮崎千夏と水泳部顧問の水波熊五郎との純愛ラブストーリーで、とても楽しむ事ができます。

まず宮崎千夏は、ムチムチとした魅力的なナイスボディで、水泳部顧問の水波熊五郎は体毛が濃い野獣のような体をしていました。

そして水波熊五郎は、厳しい指導で他の水泳部員から厳しく非難されていましたが宮崎千夏と二人きりになると一年以上付き合っているにも関わらず、エッチができていないためにイライラしていることが分かりました。

魅力的な女性の体をしている宮崎千夏と野獣のようなゴツゴツした体をしている水波熊五郎がエッチしている時は、とても魅力でした。エッチが終わった後は、水波熊五郎も穏やかな性格になっていて、仲の良いカップルに戻ったので、読んでいて楽しかったです。

→ 続きを見る

 

「精子投票~見せしめの目安箱~」にもどる